マイナス思考とは、失敗や努力することが嫌なので、マイナスの事ばかり考えます。自分にとってこの人や仕事はメリットがあるのか?と損得勘定をするので、少しでも損が見られると動きたくありません。

マイナス思考の人と付き合うとこちらまで気持ちが沈んでしまいます。

何かに挑戦しようとした時、周りから「やめた方がいい、失敗するに決まっている、どうせ時間の無駄だ」などと言われたらモチベーションが下がったり、余計なお世話だと言いたくなりませんか?

マイナス思考に考てばかりいると本当に失敗しそうです。

どうせならたとえ失敗したとしてもいつまでも引きずらない、これからが大事だ、頑張ろう!と明るく前向きに考えて生きたいものです。

マイナス思考な人とはこんな人

 

ポジティブに考える彼を見習いたいです。そう彼とは2016年に交通事故を起こしてしばらく芸能界を謹慎した芸人ノンスタイル井上さん。

充分に反省をして、見事復帰を果たした彼らは事故ネタを自虐ネタとして毎回笑いに変えています。

自撮りをSNSにあげれば「きもい、ブサイク、消えろ、ナルシストすぎw」などの炎上コメントは当たり前。

彼は確かに顔やスタイルは一流とは言い難いです。

普通は落ち込むところだが、「こんなにもみんなが僕の事を見てくれているんだ」といつも前向きな発言をします。

一緒にいたら悲しみも笑いに変えてくれそうで楽しそうでいいですね。

今回のテーマはマイナス思考な人を克服したい、そうすればうまくマイナス思考との付き合えるか

マイナス思考の心理や特徴を知ってうまく付き合う方法を見つけ出しましょう。

過去の体験も交えながら書いていこうと思います。

どうぞ最後までお付き合いください。

マイナス思考の人の特徴

 

①自分に自信がない
「どうせ自分なんて」「できないものはしょうがない」が口癖で周りと比較してばかりでどんどん自信喪失していまうのです。

比較対象は自分より上の者が多く、自分にないもの例えば、恋人がいる、容姿端麗、ビジネス成功者など見てしまうためより自信喪失につながるのです。

②どうせ無理だとすぐ諦める
無理だと感じたら最後までやり遂げることなく途中で投げ出します。「やっぱりしなければよかった」と後悔ばかりします。

③否定ばかりする
一番の特徴とも言える「無理だ、できるわけがない」とやってもいないのに否定ばかりします。絶対に人に意見に賛同することはなく また人の意見は受け入れようとしません。

④面倒くさがり屋
あとでまとめてすればいいと言いつつ、後回しにした結果、やる事がたまる→嫌になる→投げ出す事となるのです。

⑤先を深く読みすぎる
自分に適さない事はすべてやっても時間の無駄だと思い込んでいます。だからなかなか先に進めません。

マイナス思考の人の心理

 

失敗や努力することが嫌なので、先の事ばかり考えます。自分にとってこの人や仕事はメリットがあるのか?と損得勘定をするので、少しでも損が見られると動きたくありません。

失敗したら、「やっぱりやらなければよかった」と強い後悔ばかり残って原因を追及することはまずありません。

むしろその事が原因でトラウマになる可能性もあります。

「どうせできっこない、どうせ私なんて..」が口癖の人は誰かに構ってもらいたい、「そんなことないよ」と言ってほしいのです。

本心でないことをわかっていて発言する時もあります。「どうせ私スタイルよくないし」「私なんかブスだし」と言ってはいますが、本心は自分より劣っているとみられる人を対象に「そんなはずないじゃない」褒めてほしくてこのような思ってもいないような事を言います。

マイナス思考ってどんな人?

 

例1:営業成績がなかなか上がりません。あなたならどう考えますか?
人を褒める事はなく「○○さんは頭が良いからかないっこない」「自分の方が経験が浅いから当然だ」とはなから負けを認め、ライバル意識を持つ事はありません。

例2:ガソリンが半分だったとします。

「まだ半分あるから大丈夫安心だ」と思う人はプラスプラス思考な人です。

「もう半分しかない不安だ」と思う人はマイナス思考な人です。同じ事実でも捉え方次第でこうも違うのです。

例3:恋人に連絡をしていつまで経っても返事がない時

プラス思考に考える人は「忙しいのかな?」と考えるのに対して「もしかして嫌われた?避けられてる?事故にでも遭ったかな?」と不安要素たっぷりです。

マイナス思考は負のスパイラルに陥る

 

周りにマイナス思考の人がいたらどうなるでしょう。

残業を強いられた時でした。「よーし、やるぞー」「みんなで協力して早く終わらせよう」と気合い入れた時、「こんなのいくら時間あったも終わりませんよ、徹夜でも無理」と言う人がいます。

早く終わらせたい一心で取り組もうとしている時にこんな発言されたらチームのモチベーションが一気に下がってしまいますね。

仕事に恋愛に日常生活にすべてのことが面倒くさいと考えると、出かけるのも嫌、掃除・洗濯を後回しにする、結果、ゴロゴロして肥満になる、家事・炊事がたまる、部屋が汚い、友達も呼べなくなる、いなくなる、仕事もだんだん嫌になるの負の連鎖をうみます。

マイナス思考の人とうまく接するには

 

基本、寂しがり屋さんなので、マイナス発言に同情するのではなく、話を聞いてあげて少しでもいい部分を見つけ出し褒めてあげる事が大切です。そうすると自信が持てます。

やる気が見れないのはわかりますが、やる気を引き起こすのは周りのあなたしかいません。失敗から学ぶこともあるので、原因を追及することが大事だということを教えてあげましょう。

マイナス思考にもデメリットばかりではない?

 

物事を始める前に、「よし、やってやろう!」という気持ちで取り組むのではなく「もし失敗したらどうしよう」と最悪の事態を想定していますので、たとえ失敗したとしてもショックはショックですが、「やっぱりな」「なんとなくわかっていた」という気持ちがあり少し和らぐというメリットがあります。

マイナス思考をプラス思考に変えたい

 

家に引きこもってばかりいる人は気分転換に外に出て人と触れ合う事で気分を上げよう。綺麗な景色を見て感情が高ぶる、人と話をして笑顔になる。感情を持つ事は必要です。

人生楽しい事ばかりではありません。泣きたい時は思いっきり泣けばいい。自分だけじゃないんだと言い聞かせ、たまっている感情を表に出すことでスッキリします。

趣味を見つけて没頭するもよし、美味しい物を食べに行くもよし。自分に合うストレス発散法を見つけてみましょう。

まとめ

 

マイナス思考に考えてばかりでは先に進めません。失敗したっていいじゃないですか。

マイナスな流れが来ると次々に悪い事が起こります。

人生100年と言われる時代、毎日不安ばかり抱えて生きるのと何とかなると前向きに生きるのとどちらが楽しく過ごせそうですか?

答えは言うまでもありません。

嫌な過去を思い出せないくらい今を楽しく過ごしてみたいと思いませんか?

まずは小さくてもいいから何か目標を立てて、達成感を味わってください。

やればできるんだと自分を信じて!